記事
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. これはもはや読書ではない「ブルーオーシャン」だ
  4. お勧め本 » 
  5. これはもはや読書ではない「ブルーオーシャン」だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

これはもはや読書ではない「ブルーオーシャン」だ

■知的生産とレバレッジ
本田氏×勝間氏

・これはもはや読書ではない「ブルーオーシャン」だ
・アナログとデジタルの相互補完





■はじめに
大好きな本田さんとのコラボ企画。
何章かに分けて書いていきたいと思います。

◆第1章◆
知的生産術とレバレッジ(本記事)
・これはもはや読書ではない「ブルーオーシャン」だ
・スピードは罪である
・独学の孤独

◆第2章◆
知的生産術とレバレッジ1
・これはもはや読書ではない「コミュニケーション」だ
・BUZZマーケティング


◆第3章◆
知的生産術とレバレッジ2
・これはもはや読書ではない「上司」だ
・生き方の本質



ライターランキング参加中です☆
↓今日もワンクリックお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ


【序章】勉強ブームの火付け役
【A】多読のすすめ
【B】多読実践でどうなった?
【C】ブロガー
【D】独学の孤独


■勉強ブームの火付け役

彼らの本はWEBが盛んな時代に「売れる」のである。
読書界、出版界を盛り上げ、世間の教養、知的レベルを上げる。
さらに勝間氏は再現性をテーマに読者にアドバイスをする。
こういうアイデアを活かせば、貴方も効率的になれますよと。

 ・運動しなさい
 ・習慣を変えなさい
 ・ブログを書きなさい

誰もができるレベルに落とし込み提案をしてくれるのだ。

そこまでやれば効率も上がるよいう内容もある。
揶揄されることがあるという。
ならばどうかと、私自身も言うがままに提案を呑み実行してきた。

なるほど、やればやるだけ情報へのアンテナが高くなり処理濃度も高くなってきている。
情報は常に自動で入る流れ、つまり「パイプライン」を作ったといえる。
以下に実体験と一緒にを記載していこう。

----------------------------------------------------------------------------
【A】多読のすすめ
本田氏と勝間氏は、口をそろえて読書をしなさいという。
しかも多読である。

良書こそケチるなと。
この二人は、多読インフラを作り上げたのだ。

私もMBA取得を志し、情報を追いかけ調べてきた。
MBA取得の二年間は、物凄い量の資料に目を通し、学び討論を繰り返す。
この多読はMBA取得の過程で必然とも言うべき登竜門なのだろう。
ここに価値があることを知っている二人だから、声をそろえて多読をすすめるのだ。

もちろん目的を持って読むことを前提としているのは言うまでも無い。

----------------------------------------------------------------------------
【B】多読実践でどうなった?
~私の場合、多読を実践してどうなったか~

 ①話題が増え、少しづつではあるが人に情報提供ができるようになった。
 ②自分の専門性が無いことに気がつき、自分の専門性を高めようと気がついた。
 ③好みの出版社が分かってきた。
----------------------------------------------------------------------------

 ①話題が増え、少しづつではあるが人に情報提供ができるようになった。
 
 人に情報を提供することで、人が寄ってくる、
 「ポジティブフィードバック」を身をもって体感した。
 情報を発信するところに人は集まる事を確認できた。
 
 【P】勝間氏はブログを書けといっているが、本当か?
 【D】実際に、ブログで英語、書評などアウトプット開始
 【C】コメントやアクセス数で何が受けが良いのかを確認
 【A】仮説に基づき、即実行

 このプロセスがかなり優秀なフィードバックであると確認できた。
 だからこそ残ったフレームワークなのだろう。
----------------------------------------------------------------------------
 ②自分の専門性が無いことに気がつき、自分の専門性を高めようと気がついた。
 
 これは量を読まなければ、気がつかなかった体験である。
 自己啓発、経営書、セールス、IT系、人生勘、ラッキー、会計、不動産・・・

 新刊でがでれば出るだけ読み、学んできた。
 量をこなしたこと、自分の本を買う基準、【フィルター】が構築されてきた。

 ・ネット以上の情報がその本にはあるか。
 ・経験に基づいているか。
 ・再現性があり、具体的か。著者の、偶然の経験ではないか?
 ・著者が「売る気」があるか

他にも多々あるが、自分にあった【フィルター】構築が良いと思う。
このフィルターを基準に本を買っていき、更に自分の専門性を深められるようにしようと感じた。
読書もまさに進化している、ネット以上の情報で専門分野が深められる物を買っていこうと思う。

好きなものが多すぎて結局買ってしまいそう・・・。
----------------------------------------------------------------------------
③勝間氏のいう、どの出版社が自分に合うかも分かってきた。
 
まだまだ良い出版者、編集者、企画はあると思う。
内容が濃く、知識が深められる出版社はお勧めである。
勝間氏が本を出している出版社は全てお気に入りなのは言うまでもない。

小学館はかなりチャレンジングな企画をしたとおもっている。
素人のmixiでのコメントやブログの記事をのせてしまうのだ。
あたらしいものを創造して、実際に形を作ることができるこういう企業こそが【ブルーオーシャン】を勝ち得ていくのだと感じる。

----------------------------------------------------------------------------
【ブロガー】

アルファブロガーという言葉がある。
売れっ子著者にとって彼らほど助けになるファンはいない。
売り上げや新刊情報は彼らのおかげともいえる。
有名ブロガーと著者は互いに交流があるようだ。

出版業者、新聞社、TV・・・
今まで当たり前だった情報媒体に対して、彼らアルファブロガーが、相互補完、
つまり双方向コミュニケーションとして盛り上げ直した。
まさに「ブルーオーシャン」と言えるかもしれない。

なぜブルーオーシャンなのか。
今までは著者とコンタクトを取ることは

・出版社を通す
・講演会に行く

我々素人にしてみれば未開拓の地であった。

メディアだけが得られる果実だったように思う。
今は連絡先を提示する著者も多い。
デジタルのおかげで、著者との距離が縮まっている。

◆ 情報のスピードは、あらゆる距離を縮めてしまった。
スピードは罪であると思っている。
人間の出せるスピードは限界がある。
スピードを実現する技術こそ人間の生み出したものだが、その技術=スピードを過信してはいけない。

例を挙げよう。
・ 自分が走ったら、時速数キロしかでないが、ひとたび車でアクセルを踏めば時速数十キロである。
これを自分の力だと過信すると必ずツケがまわってくる。事故でも起こそうものなら、
何倍もの時間が無駄になるであろう。

・レバレッジというスピードもしかりだ。
時間を短縮すべく、レバレッジをかけすぎると自分に害をもたらすこともある。
このスピードを過信してはいけないのだ。


◆バブル後の精神的不安から徐々に湧き出した、時代の歪が生んだともいえる勉強ブーム。
このブームもいつかは終わる。

10年後のブームを創造するのは、彼らから知識を授かったチルドレンたちであることは間違いない。
彼らにインスパイアされ勉強を開始した世代は、まさに格安の優良株。
今後の成長性と先見性に期待である。

読書進化論でのテーマであるWEBに負けたのかどうか、ということに関しては、
土俵が違うように感じる。
WEBだけのつながりでは表面的な気がするのだ。
アナログで読んだ本の情報をネットで補足し、他者とつながることがブログの効果であろう。
何を隠そうその恩恵に自分自身が身を持って体感している。、

さらに紙媒体はなくならないと推測する。  
世界で一番普及しているであろう書物【聖書】
紙媒体である。
本は以前なくならないと私は考える。

本はWEBに負けたのか?
私は負けていないとおもう。
パラレルで生きていくものだと信じている。


----------------------------------------------------------------------------

【独学の孤独】
■カツマーの危機感
先日沢山の、いわるゆカツマーたちにインタビューをしてみた。(小学館企画で動画にも出演されていますね)
勝間氏を知り、勉強している人たちと、勝間氏を知らない人(読書をしないひと?)との間に温度差があるという。
勝間氏は著書「日本をかえうよう」でこう語る。

「時代背景や、バブル後の就職難が若者に危機感を与えていると。」

勉強をして言う人にとって、この「危機感」こそがキーワードのようだ。
カツマーインタビューでは危機感があるからこそ勉強をするのだ、といっていた。
口をそろえて何かが危ない、このままじゃ・・・という危機感を有していた。

しかしだ。

同世代を生きている同僚や知人に、カツマ本を薦めてもピンきてもらえなかった。
と皆さん口をそろえて言うのだ。

同様の経験を持っているカツマーが非常に多かった。
だからこそ本を読み共感した者たちが、同思考のカツマーをWEBで探す。
コミュニティで探す。
こうして、ますますWEBで広がっていくのだ。

読書だけではとどまらない、WEB上でのポジティブフィードバックスパイラルの根源には、
【独学の孤独】とも言うべき心の隙間を埋める補完的要素があるように思う。


◆次回予告◆
読書をしない人に本の魅力を伝えるマーケティングとはいかに?
知的生産術とレバレッジ1
・これはもはや読書ではない「コミュニケーション」だ
・BUZZマーケティング
スポンサーサイト
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://seahiro.blog25.fc2.com/tb.php/88-61570c51 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。