記事
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. これはもはや読書ではない「上司」だ
  4. お勧め本 » 
  5. これはもはや読書ではない「上司」だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

これはもはや読書ではない「上司」だ

■知的生産術とレバレッジ2
本田直之×勝間和代

・これはもはや読書ではない「上司」だ
・生き方の本質



ライターランキング参加中です☆
↓今日もワンクリックお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ


■バーチャル上司


いわゆる就職氷河期という時代が続いた90年代に私たちは学生だった。
この社会が私たちに与えた影響は計り知れない。
この先どうなるのだ。
さらに世の中は不安をあおる。

終身雇用が崩れる。高齢化社会による税率不安。年金の崩壊・・・。

会社に依存する時代は終わった。
いったいどうすればいいのか。
90年代の学生たちはバブルを尻目に目に見えない恐怖にさらされたのだ。
この目に見えない不安こそが
勝間和代の日本を変えようで言う「若い人が暗い国」という表現なのではないか。

まさに私は実体験している最中である。
現在は円高不況でついにしわ寄せが来ている。

会社ではとある現実があるのをご存知だろうか。

◆現実企業◆

30代前後の準中堅層がすっぽりぬけているのである。
就職氷河期のため正社員として採用されていないのだ。
言い方を帰れば、会社が雇用できる状態になかった。

◆上司力
勝間氏本田氏のような「バーチャル上司」本は勉強になる。
彼らに共通するのは、いかに効率的に仕事をこなし、自分の時間を生み、そして楽しむか。
本田氏の場合は、サーフィンや、ワインであり、勝間氏の場合は子育てだったのだろう。
少しの力で、大きな成果を生む努力を考えなければならなかったのだ。

時間が必要なのだ。

彼らは人生の楽しむ時間を増やすために、多くのライフハックを教えてくれている。
ロジカルシンキングや、ラテラルシンキングなど、
一部の上流層が牛耳っていた知識や、知恵で、一般職が知らない考え方を提示し、紹介してくれるのだ。

フレームワーク力にいたっては、一部の人や外資系コンサルと言われる知識人のみが、知っていた内容であろうと思われる。
その一部を安価な読書と言う形で提供されれば、間違いなく、買いである。
「バーチャル上司」と言うキーワードにぴったりなのである。

彼らはいかに人生を楽しむ時間を増やすかと言う、
「生き方の本質」を説いているように感じる。

■ライフスタイル
この両氏は提供する情報は似ているが、ライフスタイルがまったく違う。
本田氏はいかに労力をかけずして物事を考えるか。Doing more with less なのである。
一方勝間氏は、知的生産を主軸に、いかに効率よく物事を進めるか。ワーキングマザー視点である。

まったく相反する彼らの思想、そしてライフスタイル。
いかに人生がパラレルで進んでいるかを垣間見ることができる。

◆シーテック◆
先日あったシーテック(電器業界の技術show)では、こんな技術が紹介されていた。
・テレビ画面自体を、手で触って操作をする技術。
(つまりリモコンいらず。)

・ファミリー認識をして家族のようにコミュニケーションをしてくる技術
(テレビ画面が話しかけてくるイメージ)

デジタルとアナログをユーザーインターフェースがつなぎ、デジタルがアナログに訴えかけてくる時代になるのか。

このように各企業がライフスタイルを提案してきている。
まさに読書も同じくして、著者は、再現性という意味で、
今後の各々の人生の、ライフスタイルの提案をしてくれているのだ。

多種多様な人生があるのだ。
ライフスタイルもその数だけあっていいとおもう。

ワーキングマザーのライフスタイルを考えてみると、
子供達の未来をワークライフバランスの観点から考え直して生きたい。
そういう上司になりたいとおもった。

◆次回予告◆
佐藤可士和×勝間和代
・これはもはや読書ではない「芸術」だ


スポンサーサイト
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://seahiro.blog25.fc2.com/tb.php/86-3d6d9feb この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。