記事
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. これはもはや読書ではない「芸術」だ
  4. お勧め本 » 
  5. これはもはや読書ではない「芸術」だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

これはもはや読書ではない「芸術」だ

■佐藤可士和×勝間和代
・これはもはや読書ではない「芸術」だ
・「ミタコトノナイアタラシイモノ」



ライターランキング参加中です☆
↓今日もワンクリックお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ



◆空間芸術◆
【空間そのものが芸術である】ことがある。

音楽のライブやコンサートはまさにそのものだといえよう。
そこに演奏者がいて、音楽空間となる。
その芸術は、歴史や時空間も越えることが有りうると、私は信じている。

デザインの力も同様に力を持っている。
視覚の力は非常に大きい。

アートディレクター佐藤氏初のビジネス書と言うことで、
「佐藤可士和の超整理術」を出版している。

◆情報の整理◆

情報の整理の仕方というところで書いていきたい。
整理には三段階あると佐藤氏は説く。

①空間の整理
②情報の整理
③考え方の整理


①空間の整理については言うまでもない、いわゆるアイデア本によく整理のやり方ファイルの仕方などが記載されている。

ちなみに佐藤氏の整理はかなり多岐にわたり、

・手ぶらで出かけるとか、
・机の上は頭の中と同じ

など、アーティストとして見習おうと感じた一説もある。

よく巷にある整理本はどうであろう。
便利なツールを紹介してあり、これが一番即効性のある整理術であるように感じる。

しかし、アートディレクターが②③に関してまで言及してある本というのは珍しいのではないだろうか。
なぜならここが一番肝であり、本質なのではないか。
もっといえば、一部の人しか知らないシークレットというやつなのではないか。

◇勝間氏で例えるならば、
・フレームワーク
・情報にタグをつけて頭の中で整理する、

などもその一つであろう。
ここの考え方を変えない限り、本当の意味で整理がつかないのではないだろうか。

大きな枠組みを知ることで整理を可能にしていく。
あらゆるものをフレームワークで捉えていき、整理していけば情報も綺麗に整理が可能であろう。

◆ミタコトノナイアタラシイモノ◆

しかし、芸術は、そこを壊すものだともいえよう。
時代の価値を変えるような存在、「ミタコトノナイアタラシイモノ」

フレームワークを超えた提案をして、初めてクリエイティブな作業と言えるのではないか。
この観点から言えば、フレームワークは物事を捕らえる、本質を捉えるのに必須の整理法、考え方なのだ。

私もクリエイティブな力を応援することで、で社会に貢献したいと考える。

「雨、傘」でいえば、いかに物を捕らえ整理し、既存概念を壊すか。
ここに芸術の肝があるように思う。

既存概念をこわすのであれば、知らないものを知ろうとする努力が必須である。
一番手っ取り早いのが、【読書】ではないだろうか。

芸術の根底である「自由は読書で手に入れられる」のであると考える。

佐藤氏のデザインに間して、妻であり、マネージャー悦子氏の「佐藤可士和のつくり方」に、こんな一行が記載してある。

「デザインは身近なところから浸透させていき、広く一般の社会にまで通用しわかりやすいこと」


この観点に立てば、まさに本は一番身近な【デザイン】ではないだろうか。


これはもはや読書ではない、「芸術」だ。


◆次回予告◆

・これはもはや読書ではない「デジタルーアナログ変換」だ
・地頭+アナログ+デジタルの補完
スポンサーサイト
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://seahiro.blog25.fc2.com/tb.php/85-54de2d98 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。