記事
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 【書評】母性の経営
  4. お勧め本 » 
  5. 【書評】母性の経営

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

【書評】母性の経営

今回は母性の経営という本について紹介しましょう。
 

久野康成,井上ゆかり
Amazonランキング:31300位
Amazonおすすめ度:




株式会社東京コンサルティングファームより、
献本御礼!!


ピンクの文字

白地の表紙

男である私は母性の経営という名前からして読んでもわからないかなという、

疑念があり、誰か忘れましたが著者さんからのお勧めもあったのにもかかわらず、

読んでいませんでした。


そういうやつだからこそ読むべきということがひしひしと伝わってきます。

この本ね。

ぶっちゃけ


 お も し ろ い わ ・・・・・

結構はまっちゃいました・・・。

なんでしょうねぇ、こういうコンサルのストーリー本は結構好きでして、

結構重要な知識を女子大生会計士の事件簿よろしく、小説風にかかれてしまうと、

もうメロメロです。

ちょっとこの主人公のカウンセリング的なコンサルをするOLが好きになってしまったほどです。

あぁ、相談したいかも・・・と(笑)

きっと共著の井上ゆかりさんがこんなイメージなんでしょうか。

そしてその彼女のメンター的存在の上司。

きっとこの方が久野さんのイメージなんではないでしょうか。

深読みですか。

深読みですね(笑)

さて結構面白かったので、章を厳選して、紹介しようかと思います。


■第二章 ジョハリの窓

一番しびれたのが、このフレームワーク。

結構コミュニケーション術とか、心理術の本を読みますが、初めて拝見しました。

自分が知っていること

自分が知らないこと

相手がしっていること

相手がしらないこと

この4つをマトリクスにして、SWOT分析的にコミュニケーションのきっかけや

弱みをしってお互いの溝をうめていく手法のようです。

コレは本当に目からうろこ。

コレは実践する、意識するだけで圧倒的な聞き上手へのきっかけになると思います。

嫌な上司に限って、その人に趣味をしらなかったり、家庭環境をしらなかったりする。

そういうことに耳をかたむけるために、ちょっと質問してみる、ということが

本当に大事なことのように感じます。

ジョハリの窓。

早速使います^-^


■第三章 会社に自分は何を与えることができるのか?

ここからは会社と人生の位置づけに関する章でしょうか。

非常にメンタル的なことも書いてあるのですが、どうも先輩上司役の人が全てをしりつくしているかのよう、

実際の作者の経験なんでしょうが、的を得ているんですよ。

たとえば、

■心技体

というフレームでも。

心をおろそかにしがちだとかいてあるんですよ。

YES フォーリンラブ
ですよ。

全く持ってそのとおり。

価値観を変えることなく、人生でも転身ははかれないですよね。

身にしみました。若干の反省も含みつつ(苦笑)


はい。最後にモウ一つ。

■ライフカレンダー!!!

この考え方は逸脱です。

自分で死ぬ日を決める!!!

考えたこともありませんでした。

サムライ

ふじやま!

ハラキリ!

という意味ではありません。


自分で人生の期限を決めて、終わりを認識することで、自分の人生を輝かせるというもの。

作者の意見でしょう、人生60まで出完結するプランで物事をかんがえているとあります。

80歳までに生きる前提でプランをきめてしまうと、万一の時にくいが残るからだそうです。

なるほど、退職後・・・なんて考えずに、そこまでの道のりも、輝いていかなければいけませんね。


あれ?これは、俺にアドバイスされているのか!?という錯覚が下記。

人生をがむしゃらに生きること!

それは自分の人生に跳ね返ってくる。

困難を乗り越えた経験は、同じ問題を抱えている人の解決のヒントになる!



久野先生、井上先生、おみそれしました・・・。

いつかお目にかかれるよう、そして御礼に上がれるよう精進します。


とまぁ。結構ベタボメです。

冗談抜きではまりましたよ。

書評ブログでの紹介という若干の検閲をぬきにしても、

面白かった。


頑張る20代

人生経験豊富なメンター

解説

作者の考え

このフレームで本をかかれると、結構しびれてしまう単純な右脳ちゃんの私です。

ユダヤ人大富豪の教えも、この体で話が進んでいたかと思います。


母性の経営で・・・・


大志は現実化する!

スポンサーサイト
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://seahiro.blog25.fc2.com/tb.php/188-1a46dbe5 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。