記事
  1. Top » 
  2. 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

【作家とサッカーvol3】@銀座の中心で。

第3回作家とサッカー開催が決定しました!!

現状場所を探していますが、場所は銀座にする予定です。

第2回の様子はコチラ
第1回の様子はコチラ

前回同様、フェルサベーラとの対戦形式となります。
ふるってご参加ください!
今回は参加人数が多くなりそうなので、3チーム形式になる予定です。

■日時(予定):5/9 16:30-18:30(第一試合)
■場所:銀座de フットサル
■費用:2000円前後
■メンバー:フェルサベーラの皆さん +即席seahiroチーム。 
       プラスアルファ マネージャーの皆さん数名
■目標:健康第一
■懇親会予定 @あべにう  19:00~(第二試合)
■MVP or 得点王 景品あり ナイス声援もMVPになれる可能性あり。
■参加資格:愉快で意識の高い皆さんとスポーツがしたくて、本の少しの勇気がある方。
       
              奮ってご応募ください。 参加メールはコチラ。
          
                 必ず返答いたします。


今回も楽しい企画になる事間違いなし!

本当に少しづつですが各人から、
・面白そう
・他にも誘いたい
皆でシェアしたいという声が聞こえてきています。

ありがたい限りであります。
皆さんが参加していただいて成り立つのサッカーです^^

フットサルを楽しくやると・・・

大志は現実化する!!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
スポンサーサイト

水野さん 出版増刷シークレットパーティ

ギロッポンのクラブでおこなわれましたパーティに行ってきました。
ちょっとパーティいかなあかんねんけど、ということで、スーツでいってみました。

作家とサッカーでお世話になっております水野俊哉さんが出版増刷が決まったということで、
行われました成功の竜巻パーティです。

増刷されたのはコチラ!


有名な方々たくさんきておりまして、コイツァすごいぜ!というような面々。
誰が来るかを好評してしまうと、200、300人は着てしまうであろうというようなことが水野さんのブログにも描いてありましたが、実際その通りかもしれません。

実際パーティではお手伝いをしていたので、ほぼ飲食はしていませんが多くの方とお話をする機会を得ることが出来たので非常に有意義でした。

いやぁ世の中には凄い人いっぱいいるんですね。

見習っていかないといけないですね。非常に刺激を受けてまいりました。

昨日はこんな方々とお話をさせていただきました。

水野俊哉さん

出版増刷おめでとうございます!
まさに成功の竜巻の中心核に相応しい貫禄でした。

OTOBANK 

上田社長
男なのに惚れてしまいました^^
だってかっこいいし、いい声だし。
なんか好きになってしまいました。

久保田さん 
以前お会いしており、年賀状までいただけた取締りの方。
非常にフランクでなんとも頼りがいのある方です。
何でも会社には自分のデスクがないんだとか笑

細川さん

ようやくお会いできました。
オフィシャルブログではお世話になっていたのです!

公認会計士 山田真哉さん

お会いできるとは思っておりませんでしたが、大好きな作家!?さんであります。
女子大生会計士の事件簿では、ツボにはまったせりふ「御社なんだけどさぁ~」が最高でしたと伝えることが出来ました。


経営コンサルタント
明治大学MBA講師 竹之内隆さん

podcastのブックラリー2.0は欠かさず聞いており、日々聞いていた声のご本人にお会いできました。
カナーリ感激です^^

ヴォイストレーナー 秋竹朋子さん

ボイストレーナーさんに始めてお会いしました。
一瞬であなたの声はこうすると通りやすくなるよというアドバイスをしており、さすがプロ!と思いました。同世代ということですが勉強させていただければ幸いです。
バンドマン、ボーカリスト必見!

ピアニスト 南野陽子さん

彼女は凄すぎ・・・イランに住んでいたこともあるとか!聞けば聞くほど国際的で音楽にあふれています。そしてユニットの音楽をリンク先で聞かせてもらいましたが、私、メロメロ。
必見。必聴。ちょーシャレオツミュージックです。
DJでまわしたい曲です。

長谷川設備工業 長谷川さん

二代目社長さんです。
なんでも出版コンペで入賞をはたし出版が決定したという兵!!
リフォームの際には水道を工事してくれるというので本当に強い見方です!

雀龍.com 慶次さん
むむ!?麻雀!!
サイト見て下さい。ちょーきれいで、ちょーセンスあるの!
私も学生時代は、女、酒、ロック、麻雀、とだめ学生を演じていたので非常に好感の持てる方です!

オンライン書評図書館さん
パズル本を紹介したら一発買いをしてくれました!
さっすが!の一言に尽きますね^^
プログラマーの頭の体操に対するストイックさを感じずにはいられません。

昨日もたくさんの方とお話しすることが出来ました。
何でもやって、みて、体感してみるものですね。

次回も!?増刷を期待してパーティ開催を楽しみにしましょうかね。

二次会にはいけませんでしたが・・・・

大志は現実化する!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

脳とNote

仕事をするときに音楽を聴いていますか?

会社ではなかなか無理という人は多いのではないでしょうか。

それでは、家にいるときに音楽を聞いていますか?

これはかなりの人がYESとなる質問だと思います。

なぜ、職場や仕事中ではNGで家の中、一人で過ごすときなら良いのでしょうか。

この多くの人が勘違いしている大前提を覆したいですよね。

そもそも音楽があると集中できないという大前提です。

音楽があると集中ができないのか、これはうそだと考えます。

人間はリズムを聞くことによって興奮するようにプログラミングされています。

それを象徴するかのように、米国の奴隷として連れて行かれたアフリカ人祖先達は、

娯楽を全て奪われ農作業をしている余暇にリズムを叩くことで、ストレスを解消していたようです。

何の根源もなくなると人間はリズムを求めだします。

そうした貧困層の中で大流行したもののひとつとして宗教もあげられます。

その宗教の中には必ずといっていいほど、音が用いられています。

たとえば生贄を神にささげるとき、原始人がキャンプファイヤーのように、

火を囲いグルグル回る時にもリズムが刻まれていました。

人間は一定のリズムを刻まれていてそれを終始聞いていると脳が興奮するようにできているようです。

裏づけとしては、脳がストレスを感じるときにもでてくるように、リズム運動をしていると

セラトニンが放出されます。そのセラトニンがストレスを軽減します。

祖先や原始人はそれを本能的に知っていたのでしょう。

脳からストレスを消す技術を学びたいのなら↓



なので宗教的なイベントや集まりの時には必ずリズムを刻んでおり、

何でかはわからないけども、癒されるとか、興奮したとか、気持ちよくなったとか、

感じるようになり、スピリチュアルな儀式が尊ばれるようになったといえます。

これらの昔からの本能にプログラミングされている事実を会社や仕事場で使わない手はありません。

音楽があると集中できないのは、一定のリズム運動ではなかったり、歌謡曲やヒットソングであったり、

気になってしまう要素があるから、というだけです。

じゃぁ実際どれくらい効果が現れるのか、ということに関しては別途私の人生を通して検証したいと思います。

作業興奮という言葉もあります。

何か身体を動かしたり脳を使って物を考え出すと、次第に活性化されて興奮してきます。

まさにそのときを狙ってリズを取り入れるのです。

【提案】

さて、このリズム運動をいかにして日々に活かしていきましょうか。

投資同様まずは手軽なところからいきましょうか。

私は集中して、

・本を読む時、

・書き物をするとき

・勉強するとき

などは必ずハウス、テクノ、エレクトロなどといったジャンルいわゆる、

ドンツクといわれる音楽をipodで聞いています。

私としてはこれが大ヒット。DTM、コンピュータで作った4つ打ちのリズムが多いため、

いつの間にか右脳が活性化されていきます。

固有なお勧めをあげるとしたら、Underworld のA Hundred of Day がお勧め☆







CD買うのがめんどくさいという方には、itunes のラジオをお勧めします。

無料で物凄いジャンルの中から世界のラジオが無料で楽しめます。

外出しているときにはそのリズムと歩幅があってきたりします。

こうなってくると右脳がぶっ飛びだし、アイデアもわいてくるというものです。

マインドマップやフォトリーディングはヴィジュアルの力をおおいに、有効活用していますが、

それに付け加えてさらにサウンドの力も試してください。

・フォトリーディング中にも一定リズム。

→このサウンドのテンポにあわせることで、読書を読むスピードをコントロールできるといえます。

・マインドマップを書くときも一定リズム。

→右脳で音を聞くイメージをして、アイデアがでなくなったら脳をつつくイメージ^^(スピリチュアル)

■有酸素運動+一定のリズム音楽=∞

(ストレスフリーだし、アイデアだしにもうってつけ)

この方程式を提唱しています。

脳が喜ぶサウンド術をぜひ有効活用していきたいものです。

音の力を使うと・・・・

大志は現実化する!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

第二回レバレッジサロン@東京に参加してきました。

第一回に続き、

第二回レバレッジサロンに参加してきました。

本企画の発端は、はそもそも2008年夏の出来事でした。

当時、本田直之氏のレバレッジ英語勉強法という本が出版されました。


その出版にあたりキャンペーンの一環で、日本ファイナンシャルアカデミー主催で、

本田氏とオフィスでランチ会という企画がありました。

英語の勉強法をブログでアウトプットした結果、当選しまして、

そこで招待された方々と毎日のようにメーリングリストで交流しています。

さらに、mixiを通じて偶然、仕組み仕事術の泉正人さんのランチ会に当選した方を発見します。

ことさらに、レバレッジオーガナイザーの出版企画で当選した方々からもコンタクトがあり、

偶然出会うことが出来ました。それが昨年の第一回レバレッジサロン@京都

第二回の今回はジャパンは東京で開催です。

極論を言えばただの勉強会ですが集まる方々が非常に個性的で面白いので非常に良い刺激になります。

個々がそれぞれの求心力を持っているので大変勉強になります。


第二回ではこんな方々のプレゼンがありました。


■日常礼賛さん

レバレッジサロンにもロゴやマークが必要だということでデザインしてきて下さいました。
そもそも写真家であり建築芸術家的な非常にアートな社長なので、もうアッパレです。
近々ブログにもレバレッジサロンのバナーが張られると思いますが、完全に社長のセンス一存です。
サロン開催の前にもMoMaに連れて行ってくれたりと、建築、芸術、写真に関してはもう、頭が上がりません。
きっと右脳がぶっ飛んでいるのでしょうね。

■H.Millsさん

前回アルク主催のレバレッジ英語勉強方のセミナーを企画立立案し実行にまでこぎつけた素敵な女性取締り。
最近では↓こんなパズル本の査読をしアメリカから輸入するという、アッパレな実行力。
プレゼンでは、ワインの美味学を披露、展開してくださり、私の人生を美味しくしてくれていることこの上なしです。
美味学って聞いたことある!?こんな言葉。 最高じゃないですか。
現行の会社運営、セミナー開催、本の査読と大忙しの傍ら、なんと二社目を起業準備中とのことです。
とまぁ忙しそうですが、必ず本を読んでいます。忙しいから本が読めないはうそです。
本を読まないから忙しいんですね。彼女を見ていると実感します。


■Mharuさん

最近では私の大好きな著者、水野俊哉さんの著書「法則のトリセツ」にて、
ブログでマインドマップを使用して書評をしていることが紹介されています。
さらには、勝間さんの読書進化論のブログアウトプットでも当選し、紹介されているITのプロフェッショナルです。
なんと今年のゴールデンウィークには若手社長と共にシリコンバレーに乗り込むそうです。
なんとグーグルとコラボしてくるとか・・・ アッパレ!
プレゼンでは、「お父さんのためのIT動向」と題して現在のIT動向を示唆してくれました。
これね、本当にためになる・・・会社のおっさんたちは彼から教わるべきだと思う位です。

■田地悠平さん

僕大好きです^^
いきなり告白するくらい面白い人です。こんな人が上司だったら最高です。
スーツでサーフィンを教えるというサーファーなセミナー講師をする傍ら、英語の勉強にも余念がありません。
今回は英語は喉で発音するべきだというアッパレな講座を展開してくれました。
英語で吟じる、もとい、英語でラップをしてくれるくらい発音や発声に関して信念を持っており、
英語を非常に面白おかしく教えてくださいました。

■seahiro

今回私は信念である空間芸術の第一歩であります、音響に関してのブレインストーミング。
日ごろ意識していない音響空間に対する斬新な!?切り口や、音響コンサルティングは社会に対してどのように貢献できるかということを、
皆さんのブレインをかりながらアッパレなストーミングすることが出来ました。

これだけでも四時間の会議室を借りている時間はあっという間に過ぎてしまい、
まだまだたくさん聞きたいことがあるくらいです。


きっと読者の皆さんもそれぞれにあった勉強会に参加している方も多いと思います。

このサロンもまさにその一つといったような関係でしょう。

それがたまたま本田さんや泉さんを通じてであったという形です。

それでも、奇跡的な出会いって大事だし、勉強できる仲間がいるというのは非常に恵まれています。

去年までこんな尊敬できる方々がいませんでしたし、

一人で経験してぐずぐずになったモノも多々あります。

セミナーなどで著者本人とあってお話してみたりすることは非常に大事ですが、

同様にそこに集まってくる熱心な方々と交流していくこともまた、

非常に奥行きのあるものだと信じております。

この出会いは【量】を重ねてたどり着いた【質】だと思っております。

アッパレなレバレッジサロンに身をおき励ましあうことで・・・・

大志は現実化する!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

英語×フットサル

BLUETAGって知ってますか!?

同じアスリートなのに、結構日の目をみない選手っているようです。

オリンピックがあったとしても遠征費や、宿泊費などを自腹をきっているアスリートがいるようです。

そんな選手のために少しでも負担を減らそうと、少しづつでも毎月企業から支援をしてもらって、

アスリートの振興をしていく企業のようです。

さて何でこんな話がでたかといえば、

BLUETAG社の社長の弟で、

かつ【海外リーグで活躍していた元プロ選手】がコーチの、

フットサルトレーニングに参加したからです!

その名もずばり、

English × Football !!


きゃ~超クーーーールですね!

非常に興味深いこの英語×サッカースクールはなんと、

前回レバレッジ英語勉強法でお会いしたmakiさんが、

唐突にも情報提供してくれたのです。こういう情報最高です★

早速参加してみました。

■インターナシオナル

スクールには16名くらいの若手20代から30代前後かな?の若手が集まりました。

中には外国人プレイヤーもいらっしゃりなんともインターナショナル!

雰囲気ばっちりです。

コートのジョグの時点から指示は英語です。

アップも英語です。


ぁぁ海外っぽい、と感じるエピソードを少々。

軽くジョグしたあとにストレッチするんです。

そこで円になって、数人に、ストレッチ頂戴!って。

でた! この 自由な感じ!

イングランド?だったかでは、足し算のテストが、

1+1= ?  ではなくて、

●+×=8 ●と×をかいて!

みたいな自由な発想を試しているっていうじゃないですか。

まさにそんな感じ。

どんなストレッチを紹介しても言い訳です。

8人くらいがおのおのこういうストレッチしようぜ、と皆にシェアするのです。

ぁぁ海外っぽい^^


Y字に走るトレーニングでは、Listen carefully !

ということで、黄色かオレンジと声をかけるのでそっちの色のコーンまで走ります。

声と指差す方向が違ったりするので英語の指示をきちんと聞かなければなりません。

黄色の方をさしながら、オレンジのコーンをさしたりすんのね★(これはまちがえますよ・・)

もちろん英語の跡後に日本語での説明の軽くあるので、英語はさっぱり!?なかたでも安心です。

きっとJリーグとかでも外国人監督がきたらこんな感じなんだろうなぁとか、

海外リーグの練習会に参加したらこんな感じなんだろうなぁ、とか思いながらトレーニングが出来ました。

結局英語の習得には身体を使って覚えるというのが一番手っ取り早いと実感しましたよ。

サッカー用語で俗言う「しょってる!」(後ろにマークがいるよ)というのは、

英語で、【Man on !】というそうです。

だって、パスを受けるときに【Here!】とか【YES!】とかいうようなんだけど、
いっつもハイ!とかヘイ!とかだから、英語にすると、長く感じてしまうのです。 

今回覚えられたのは悲しいかな【Man on 】これだけ・・・

Man が On の状態、つまりくっついているよ!という意味なんでしょうね。

こんな小さなことでも勉強になります。

でも一個でも覚えて帰って使えればいいなあと思います。

7月にはクラブで1 on 1の大会!?的なこともあるようなので非常に注目です。


■サッカーが起こすスパイラル

作家とサッカーと一緒に英語もつけくわえていけたらすごいグルーブになりそうです。

主催の「なおさん」とお話しましたが、

・サッカーを楽しくやる

・参加者がそれぞれがコミュニケーションして、新しい出会いだったり、何かが生まれることを楽しみにしている

感動してしまう位、私も同様に感じていたので素晴らしいコンセプトで「いいなぁ」と思います。

サッカーは本当にいいコミュニケーショーンツールだと常々感じます。

しかも今回に限ってはワールドクラス!

作家とサッカーともコンセプトが非常に近く気持ちの良いクラスでした。

毎月第一土曜、第三土曜に渋谷で開催しているようです。

私も暇を見ては参加したいと思います。

英語でフットサルをすると・・・

大志は現実化する!!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【ナニワ金融道】

【はじめに】
今回紹介するのは、私の大好きな神田昌典先生のお勧めということで、
(↓で紹介があった。)


読まなくちゃ読まなくちゃと、思っていたのですがついに読破することが出来ました!
ナニワ金融道!



【概要】
単刀直入にお金の教養をつけるためには必須の本だと思います。

手形ってなんだ?

MBAで習ってないぞ!

なんてエピソードを神田先生もおっしゃっていましたが、

机では勉強の出来ないような内容が本書には盛りだくさんでした。

もちろん街金のお話なので内容は非常に泥臭く、

結局は 金、ゼニです。

こてこての大阪弁も堪能できるので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、
知恵がつくことは言うまでもありません。

悪知恵なのか、常識なのかは分かりませんが絶対に読んでおいて損はありません。

概要は非常に明快。

①街金で借金してはいけない
→金利がとんでもねぇ!+将来入ってくるであろうキャッシュを信用に、
金を借りる算段を立ててはいけない。
これは皮肉にも一流企業が音をたてて崩れていく構図とも全く一緒であります。
LBOなどM&Aの手法も全くもって同様で、個人でもあてはまります。


②法を学ぶ
→やはり国家にはかないません。
人が決めたこととはいえ、法や税の知識はあるに越したことはありません。
本書でも灰原が勤める帝国金融の社長がとても知識豊富で勉強になります。

③悪いことはしない
→言うまでもありませんね^^

本書から学べることはもはやこの三つに限りますね。
非常にシンプルだと思います。


以下衝撃ですよ。
6巻のコラムにこんなことが書いてあります。

「働くものは儲けずに、儲けるものは働かない」マルクスの言った名言です。
この文章には深い意味がこめられています。
仮に自分の土地を5千万で売りたいA氏がいたとする。
そこで私は6千万で買いたいBを見つけてくる。
私はAとBを直接合わせるわけにはいかない。
直接やり取りされたらBは5千万で買いたくなるからだ。
私はAから土地を買いたい。
しかし、3千万しか現金がない。
そこで2千万を、「社長、二時間だけ2千万貸してください謝礼は50万と」こういって借りる。

ここで信用のある私は無事2千万をかりAから土地を買い、
Bに6千万で売る。
一瞬で1千万の粗利であり、謝礼は50万きっちり払う。
二時間の見せ金で50万である。
高級なサラリーマンの月給のようなものだ。
この話をきいたらばかばかしくてサラリーマンなんかできやしない。

「儲けるものは働かない」

なるほど、こういうことである。

ちなみに、サラリーマン(労働者)の賃金とは、労働者を労働者として維持し、
さらに次々と続く労働者を育て上げるために必要な生活費のことです。

つまり、労働者の生存費と繁殖費(子どもを育て上げるために必要な費用)をもらっているにすぎないのだから、
「働くもの儲けず」とこういうことになるのです。


・・・・。

・・・・・・。(汗)

・・・・・・・・。(冷汗)

↑こんな気持ちになりました。

特に労働者が労働者として維持する仕組みであったという解釈には冷や汗モノでした。

気がつかないうちに労働者というマシーンになっていたのですから。

RAGE AGAINST THE MACHINE!



どうもこのエピソードを読んでいると、昔お会いしたがっちゃん社長を思い起こします。

がっちゃん社長は漫画に出てくるような人では決してなく、ものすごいやさしいお方です。

なぜ思い出すかといえば、大阪でお会いしたというのもありますが、

私にロバートキヨサキよろしく、キャッシュフローを生み出す人間になるにはということを教授くださった方だからです。

他にもがっちゃん社長は、

・戦争を学びなさい。
・経済の歴史を学びなさい

と教えてくれました。

まさにナニワ金融道もいかにキャッシュフロークワドラントが良いのか、

ということを説いてくれている気がします。

描き方は生易しいものではありませんが、非常にためになります。


【編集後記】


中断のコラム、いかがでしたか?

労働者の生存費用をもらって、労働者の繁殖をさせているに過ぎないという過激な内容。

言葉が強烈なだけに、確かになるほどそうかもしれないと思ってしまいます。

労働が幸せだ!

繁殖?子どもの幸せを何だと思っているんだ!

確かにそういう幸せがあることももちろん分かります。

私もそうやって育てられましたので身にしみています。

しかしマルクスの「働くものは儲けずに、儲けるものは働かない」は少しだけ理解できてしまうのです。

換言すると

「貧乏はますます貧乏に、お金持ちはますますお金持ちに」

「格差社会」

など、お金の稼ぎ方の自由度を考えると、

確かに「儲けるものは働かない」のでしょう。

成功哲学でたまに出てくる、イメージすればお金が入ってくる!とか抽象論ではない、

リアルなマネー論がナニワ金融道には確かにあります。

ナニワ金融道を読んで、人生の深みを学んでおけば、いざという時に・・・・

大志は現実化する!!(冷汗)
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【第二回】作家とサッカー

3月7日に予定通り、第二回作家とサッカーが決行されました。

前週の予定では雨模様でしたが結果的には、晴れるという土壇場での強さを見せ、
限りなく空に近い場所、立川ルミネ屋上でフットサルを開催することができました。

この企画が立ち上がったのもビジネス書評家で超有名な、
鹿田さんが主催するセミナーで石下さんとであったのがきっかけ。

鹿田さんには感謝感謝☆


フェルサベーラの皆さん↓

石下さん
得点王キャプテン

佐藤さん
俺のロック兄さん。

フリーゲート JUNさん
ジダンばりのスーパーボレーで相変わらずMVP

人脈コネクター カズさん 
プレースタイルがマジでブラボウ。

おもいで社長 こまっちさん

カメラでナイスポジショニング、そしてMIZUNO章ゲット

アシスト社長

キーパーうますぎでゴールできないです。。。

SOCIO 池田さん
まじでうめぇ・・。ボール取れませんでした。

他にも多数参加!

作家チーム(仮)


大好きな作家 水野さん
書評ファンタジスタと命名頂きました!
新刊も発売です!

私のつたない書評はコチラ


あっちさん

奇跡のシュートセンタリングでナイスアシスト!

おがっちさん
最初で最後の参加・・・惜しまれつつ引退試合☆

55さん
作家チームの誇るテクニシャン。彼には任せっぱなし(コラ)

ごんさん
バスケ部なのに一番フットサル慣れしている頼れるナイスガイ!

しばけんさん 料理人!!

↑おしまれつつ解散した人気ロックバンド 「中絶」のメンバーあやかちゃんからの紹介で、
初フットサルにもかかわらず駆けつけてくれました。


【第一試合】


今回もお相手は、環境行政書士 石下さん 率いるフェルサベーラの皆さん。
起業家やベンチャー経営者など、アメブロを通して集まった仲間の皆さんです。

個人的にユニフォームが非常におしゃれだと思います。

白と紫って結構かっこいいなぁと、こう思うわけです。



対する即席「作家チーム」はといえば、今回集まったのは実に8人の熱きプレイヤー。
中にはサッカー経験者ではないメンバーもいましたがそこは持ち前の運動神経で、
きっちりカバーしてくれました。

結果からすると、強豪フェルサベーラの前にはぼろ負けといったところでしたが、

何より皆さんとフットサルを通じて仲良くなれるのが一番の楽しみ。

みんなで何かひとつの共通体験を通した後に、懇親会などをしてみると非常に結束が早いように思います。

毎回恒例になった表彰式では今回は三つの賞を用意しました。

MVP・・・これは試合中にスーパープレイをした人を皆で選ぶという賞
→気になるMVP受賞者はJUNさん!

得点王・・・全試合で総得点数が多い方に対する賞
→得点王はといえば石下さん!

MIZUNO賞・・・キャラクター賞ということで、ご本人からの特別賞
→ナイスキャラクター賞ということでこまっちさん

最後に参加者皆さんで一枚
(写っていませんがマネの皆さんも美人揃い)




【第二試合】

ブラボーな二時間を通した後は恒例の第二試合@新宿

立川から新宿までは思ったより遠く、皆さんには本当に申し訳なく思います(汗)

第三回は必ずや山手線沿線で!


【第三試合】


新宿での合コンも新メンバー加入で盛り上がったところで、今回はなんと個人的に第三試合が決定!

石下さんらと別れた後、

今回作家チームに初参加してくれた、あっちさん、おがっちさん、しばけん君と四人でなんと、浅草橋へ移動。

聞いたことない駅でしたがそこには最高の店「あべにう」が!!

マグロの中落ちを魚の本体ごと出されて、骨についた実を貝ですくって食べるという、

味覚のファンタジスタなお店でした。

渡久地店長とも名刺交換をしなんだかもう行き着け感ありありのとってもおいしいお店でした。

紹介してくれたあっちさんにいたっては、もはや常連だそうで、

こそこそ何かを話しているかと思えば裏メニューまで出していただけることに。

とてもいいお店を見つけました。

店長とあっちさんには食へのこだわりという物を強烈に教わりました。


【最後に】


第二回作家とサッカーもそうですが、本当に皆さんのおかげで成り立っていると思います。

人のつながりこそ奇跡ですし、確率論でいったらとてつもないご縁。

フットサルという運動を通じて体を動かしながら共通した体験をして、

少しづつ人の輪が広がっていけば幸いです。

次回第三回は、4月後半から5月頭あたりで検討中です。

参加したい方はぜひコメントくださいね。

フットサルを通じて仲良くなると・・・

大志は現実化する!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【法則のトリセツ】

今回紹介するのはこちら!

「法則」のトリセツ


成功本でおなじみの水野さんの4作目であります。

世の中はさまざまな法則で回っているという内容から、
数々の法則が取り上げられています。

実に数多くありすぎて紹介するのが大変!
その辺は、有名ブロガーである、
smoothさんのマインドマップ的読書感想文や、
鹿田さんの書評を見ていただくとして・・・。(コラ)

要はもう、買って読んでみて!の一言です。
だって参考文献も半端がない数の本が上げられています。

まぁ本当に読んだかどうかは誰にもわかりませんが、
私が水野さんのブログを読んでいる限りでは、
参考文献としてあげられている本以上に、
本を読んでいると思います。

水野さんはそう思えてしまうような話し振り、
そう感じさせてしまうようなインテリジェンスを兼ね備えているのです。


私は毎回有名書評家たちとは異なる視点から本を書評するので、
すっかりハズシ、スカシの芸風です笑

書評家の皆さんのように旨くかけないというのが、本当の所なのですが
極めて右脳がぶっ飛んでいる私からすればこれでいいのかと笑い

さて肝心の内容ですが、
今回私がドつぼにはまったのがこの一説。

P206ページ

幸せの価値や、感じ方は自分の価値考え方次第だ。
という旨の内容の最後の一文。

「たぶんあなたは幸せだと思う」

なんだ!?この一説は!

小説か!?

文学か!?

ビジネス書でこの深み、重みには久しぶりに出会いました。
当人は何気なく書いたのかもしれません。
そこは勝手な推測や憶測でしかありませんが、
この一文からはただならぬ【絶対的な孤独】すら感じてしまうのです。

当人が3億の負債を抱えて経験してきた世界がどれだけのものだったかは分かりません。
そこで見てきた世界というのに比べたら皆さんの状況は、はなはだ幸せだと。
失うものが何一つないという状況になっているだけに書けた一文であると思います。

ややもすると、皆さんの状況なんていうのは全然幸せなんだよ。
このように少し暴力的に捕らえて、突き放している感じすら漂います。
しかし、「たぶん幸せなんだと思う。」の「思う」で締めくくっているが故に、
最後の希望や光、借金を背負ってでも立ち直れるという現実や、著者自身の姿を、
を残してくれているのです。

最後の「思う」という表現で非常に救われています。

確かに本書を手に取り読んでいる人たちは、
・ビジネス書を買うだけの余裕がある。
・本を読む時間がある、作れる。
・本を読む識字能力がある。
・情報を理解できる。

これだけで幸せなのだと。

全く法則とは関係のない、何気ない一文からここまでを妄想させてくれる著者の深み。
ここまでいくと彼自身の生き方は芸術的ですらあります。


生き方を問う。


故に己が存在する。

大志は現実化する。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。