記事
  1. Top » 
  2. 2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

拝啓 my teacher

LAにいるときに、ESLという英会話学校に通っていました。
当時のことを軽く振り返ってみたいと思います。

マリナデルレイというクリスチャンチャーチにて朝九時頃から、
約三時間位勉強をするんです。

そこには当然ネィティブではなく、ヒスパニックやメキシカンが多かったです。

年齢は20代になってすぐの青年や、定年後のおじいちゃんまで幅広く在籍していました。
同年代の青年とはサッカーの話を、メキシカンの陽気なおじさんには昼食に招待してもらうなど、
かなり仲良くさせてもらいました。

スパニッシュも当然教えてくれましたので、英語ともどもかなり勉強になるクラスでした。

先生はもちろん現地の先生なのですが、わからないときや質問があるときどうやってよべばいいの?

日本では「先生!」だよね。

英語では、「teacher」とあまりいわず、名前で呼ぶそうです。
Mr james  とか Ms Stefany  とか。

私が教わったESLの先生は笑うときにかならず、「カァっー」と乾いた笑いをします。
引き笑いの逆はなんていうのでしょうか、乾燥機よろしく「カァっー」というのです。

今まで日本でもあったことのない笑いのギャップに抱腹したものです。

さて、日本では、空手の先生や弁護士の先生、政治家の先生、医者の先生・・・。

こうあげてみると、先生が多いですね

ネイティブは博士号をとった人のことをドクターとよび。

大人同士だと名前で呼び合うみたいですね。
インストラクターなども下の名前で呼び合うみたいです。

日本で考えると子供たちが学校の先生を苗字でよぶことってあまりないですね。
田中さん!とか渡辺さん!ってことだからね。
なんかちょっと疎遠な感じすらしますね

そう考えると3年B組は非常にインターナショナルなスクールですね笑
友達同士も、先生を呼ぶときも確か名指しでしたよね。

Mr gold eight !


最近私が注目の先生は中田ヒデトシ先生です。

http://nakata.net/jp/

サッカー選手引退後は世界を回って世界が少しでもよくなるためにプラスワンといって活動しているようです。

ひとつのいいこと。

世界に教育を広めて生きたい私としてはかなり尊敬し、憧れの存在であります。

Nakata Teacher !
i respect him , he is good at playing foot ball ,so cool ,
Maybe he said that He would get degree of MBA.

I will do my best !
Boys Be Ambitious!!

今日はこの辺で。YIKES!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。