記事
  1. Top » 
  2. お勧め本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • Genre:

【書評】3年に一度は「勝利の方程式」を変えなさい




サマンサタバサの社長、寺田和正氏の二冊目となる本です。

なんと今回も、

サンマーク出版の編集者 綿谷さん

から献本を頂きました!

ちなみに彼はサッカーにも毎回参加してくださり、フットワークも軽いダンサーでもあります。

非常に多彩でグルメさんなので毎回面白く話をきかせてもらっております★

ちなみに前回彼が担当した本がコチラ↓


有田 秀穂
Amazonランキング:64340位
Amazonおすすめ度:



この本、自分の机の目の前に置き、結構頻繁に開くんです。

いやぁくたびれたなぁと思っているときに、

パラっとひらいて、

リズム運動



セラトニン

を思い出すようにしております。

上記の内容のようにとても気になる内容をテクノロジやサイエンスを切り口に、

紹介してもらい、

対策として誰にでもできる内容を提示してくれる本に非常に弱いです^^

オススメの一冊です。

さらに現在抱えている本の内容も聞けたので楽しみであります★


前回の記事はコチラ


【概要】

一冊目はブランド本というようなものだったらしく、

今回はようやく本人の仕事感というかビジネス書らしい仕上がりになっております。

サマンサタバサといえばバッグのブランドですよね。

知らない男性諸君もいるのかと思いますが、

かくいう私も詳しく知らなかったことを痛感しました。

だってサマンサって・・・


日本のブランドだったんですから!!

てっきり海外のメーカーさんだと思ってました。

どうやら純粋な日本のメーカーさんだったようです。

ヒルトンの姉妹とか、ビヨンセとかを上手いこと起用して

マーケティング戦略を行っていたので、

てっきり海外ブランドだと思い込んでいました。

まんまとマーケティングにやられていた一人というわけです。


本書を読んでいくとどうやら中学生時代から社長をめざしていたというから驚きです。

環境は人を作るんですねぇ。

大学生時代にはカナダに留学し、皮ジャンの輸入ビジネスで一旗上げ、

学費を全て両親に返したりという華々しい経歴を持っています。

が、

サマンサ時代には4億5千万と借金を抱えての死に物狂いでの経営も経験しています。

そんなときに自分の嫌だなぁとおもっていたような、

仕事上での付き合いだけの人たちは皆去っていったといいます。

こうして本当に好きな人たちだけと仕事をすることで、

本人のやる気も取り戻し業績も回復していきます。

経営哲学から、本人の思想まで内容は盛りだくさんです。

本題の3年に一度は勝利の方程式を変える、という自己否定を著者は勧めています。

コレはなかなかできないっすよ。

半ば成功体験をしちゃってるもんだから、中々かえられないと思います。

【まとめ】

それでも

感じて

考えて

行動する

そして自分の運を信じていく。


言葉にしてしまうと単純なことのようですが、

シンプルだからこそ重みがあります。

サンマークらしいメッセージですね^^

感じて、考えて、行動すると・・・

大志は現実化する!


はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
スポンサーサイト

【紹介】深夜番組が面白かった件

podacast が好きなんです。

ラジオって聞く時間を拘束されてしまうんですよ。

中学生時代や高校生時代はそれでも眠い目をこすっては、

伊集院光の、深夜の馬鹿力

爆笑問題の、爆笑問題カウボーイ

ナインティナインの、オールナイトニッポン

などなど、面白系のラジオを良く聴いていました。

先日紹介したX japan のHIDEもパーソナリティなんかをやっておりまして、

MD に録音しながら聞いていたものです。

くしくも最終回になってしまったHIDEの最後のラジオは今でもMDで持っています。

十分プレミアというか、懐かしい声が聞こえるわけです。

話し出すときりがないラジオ談義ですが、話を元に戻しましょう。

PODCASTですよ、通勤時間や一人での食事中に結構聞いています。

中でのお気に入りは、

早川さんという方がやっているビジネス著者にインタビューしていくPODCAST


彼との出会いも実はPODCASTでした!

成功本の水野さんとの早川さんが対談している内容を、無職の私はIKEA できいていました。

いぃ机ないかなぁ・・・・(まず仕事探せ)

その時点で既に若干転職先は決まっていたため、自分のビジネスでも開始するかってなもんで、

それようの机を探していたのです。

そうするとPODCASTの中から、サッカーの話題に・・・。

おや?早川さんもサッカーをしているのか・・・

ということで、作家とサッカーでお会いするというドラマを体験しました。


自信満々な話ですが、早川さんならいきなりのお誘いでも来てくれると信じていたんですよ。

なぜなら・・・

千葉さんの本を読んでいるから!

最初の誘いは断るな!の法則を知っているとふんだんです。

結果、快く作家とサッカーの参加にも着ていただけて、横浜で一緒に夕飯をしながら

アドバイスをくれたりと、非常に良い兄貴分という感じで接してくれています。

そんな彼がついに・・・・

E-BOOK !!!

以下ご紹介しましょう。


■人とのつながりを活かしたビジネスの加速術がわかる!


私の友人、早川洋平さんが
e-book『人生が好転するビジネス加速術』を出版しました。

彼は現在、ビジネス書の著者の方のインタビュー番組をポッドキャストで配信したり、
ポッドキャストに興味のある企業様にコンサルティングを行ったりしています。

しかし彼が本書を書く半年前は、

人脈本を読んだり、異業種交流会に参加したり、独立に向けた準備をしていたものの、
サラリーマンである給料自体が下がり続けて行く中で、
仕事時間だけが増えていくことで、体も心もボロボロになり、
家庭もギクシャクする毎日が続いていたそうです。

しかし、それから約6カ月……

* 人脈無し
* 知識無し
* 実績無し
* 資金無し
* 自信無し

の、「5無しサラリーマン」

だった早川さんは今

* コンテンツビジネス
* コンサルティングビジネス
* 広告ビジネス

という3つの柱でビジネスを起こし、
「人とのつながりから仕事が舞い込んでくる」
状態になっています。

それを証拠に、このマニュアルの推薦者の方を確認してみてください。
あなたも知っている方が、一人ぐらいは、いらっしゃるのではないでしょうか?

【マニュアルの詳細・著者様の推薦の言葉・すでにお 読み頂いた方からの感想はこちら】
http://podcast7.sakura.ne.jp/hayakawa/hayakawa.html

なぜ彼がわずか半年でここまで急成長し、人生を変え
ることができたのか?

今回のe-bookは、どのように人とのつながりを築いて
「ビジネスを加速させたのか?」

を彼がの経験した全てのことをお伝えしています!

このe-bookを読んで実践した方は、

* 会いたい人に会えるようになる
* 人脈構築の鍵がわかる
* 人とのつながりを活かしたビジネスの加速術がわかる

というビジネスを加速する上で大事なことがわかると思います。

【マニュアルの詳細・著者様の推薦の言葉・すでにお
読み頂いた方からの感想はこちら】
http://podcast7.sakura.ne.jp/hayakawa/hayakawa.html



とまぁ感想文として、

ちゃっかり私も入ってますよ^^

ますます加速していく早川さん。

今後も応援したい人材間違いなしです!

そんな彼も一度参加してくれた作家とサッカーが今週に迫っています!

PODCAST と 運動をまぜた、出会いを続けていくと・・・・

大志は現実化する!
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【書評】YOSHIKI/佳樹

X JAPANというバンドが大好きです。

私が最初に買ったCDアルバムといえば これ

X JAPANの DAHLIA です。


X JAPAN(1996-11-04)
Amazonランキング:19195位
Amazonおすすめ度:



ギターを始めようとしたきっかけのバンドの一つでもあります。

そんな大好きなX JAPANのリーダーやプロデューサーを勤めるカリスマ

YOSHIKI の 自伝的な本です。


小松 成美(2009-05-25)
Amazonランキング:862位
Amazonおすすめ度:




コレ凄い面白いの。

X JAPANが大きくなっていく様がありありと書かれています。

中でもYOSHIKIの育ちや、学校でのやんきーップり

CDのレコーディングを始めて売りさばく様子、

ライブでは必ず一番目立つようにした様子、

髪の毛を半分だけ立てるのは、実は時間が間に合わなくてだったり・・・

などなど色んな壮絶なストーリーが入っています。

よくもまぁこんな壮絶にわがままな人生があゆめるなぁと思いながらも、

ビジネスを起こす人はコレくらいの意識や考え方がナイトいけないのかもしれません。

最後も壮絶ですが、これからのYOSHIKIやX JAPANに期待です。


そんなX JAPANの人気振りを実感したのは、先日の東京ドームでのライブ。

もはや同窓会のノリが日本中で起こって東京に集めました、位のファンの集まりようです。

理由はライブが始まればすぐにわかりましたよ。

だって格好いいんですもの。そりゃファンになりますわ^^

ちなみにドラムソロでおきまりのように、YOSHIKIはドラムをたたき続けるんですが、

ずぅっとツインペダルのツーバスをたたき続けてる(踏み続けてる)んですよ。

20分近くもですよ。

ようはドラムのいすに座っているけども、その状態のままダッシュをして、

プラス、ドラムソロですから上半身もたたきっぱなし。

毎回ぶっ倒れるのは演出かと思っていましたが、まぐれもなくガチでした。

その後、スポットライトを浴びてふらふらと倒れこみ、女々しくよろよろ立ち上がり

こぶしをあげる様はまさに、カリスマの光臨。

コレで、一発でファンになっちゃうんですねぇ^^

さらに、もう一エピソード

学生時代に私は欧州を一周するたびを試みました。

その時は、列車や鉄道で欧州をグルリしたのですが、

ドイツのケルンから、オランダのアムステルダムへ向かう最中のこと。

ロシア人の同世代のGUYに声をかけられ、一緒に列車に乗っていると、

X JAPANていう日本のバンドが好きだといってくるではありませんか。

ipodにはX JAPANのバラードが沢山入っています。

おぉロシアでも人気なのか!と意表をつかれたことがありました。


そんなこんなで、世界的にも大人気のX JAPAN。

カリスマはどんな経緯で現在の人生を歩んでいるのか。

ぜひご堪能下さい。

音楽と芸術的感性とビジネス嗅覚で・・・

大志は現実化する!




はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【書評】村上春樹も走ってたらしい

ホノルルマラソンでも走ってみるか!というノリになってしまい、少しづつ練習を重ねています。

そんな中で見つけた本はコチラ



走ることは小説をかく事につながっているようです。

もはやどうとでもいえますが、走ることはかなり精神的にも体力的にもタフになります。

いつやめたっていい

走るペースも自分で決める

行く場所も

時間も

何を聞きながらでもいい

本当に何から何まで自由です。

走らない自由すらあります。

お肌もつやつやになります。

コミットメントと一貫性の法則を自ら利用して走らざる終えない環境に持っていこうと思います。

コレも仕組みですかね。

仕組み以上に応援しくれる、共感してくれる仲間が一番大切です^^

幸運なことに5人くらい、ランナーがいますので、ジョグノートで共有しております。

皆さんも気まぐれではしってみては!?

走る前の感情をまずノートに書いてみてください。

走った後の感情たるや、カンガエラレヘン!!という位変化しています。

俗にいう感情のコントロールってやつです。

アンソニーロビンスが良く言及している?らしい、例のやつです。

思いつきで始めたので、いかに継続するかが今回のポイントだと思います。

週に二回の運動。(フットサル+ジョギング)

コレを目標にします。

目標ができたので・・・・

大志は現実化する!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

【書評】母性の経営

今回は母性の経営という本について紹介しましょう。
 

久野康成,井上ゆかり
Amazonランキング:31300位
Amazonおすすめ度:




株式会社東京コンサルティングファームより、
献本御礼!!


ピンクの文字

白地の表紙

男である私は母性の経営という名前からして読んでもわからないかなという、

疑念があり、誰か忘れましたが著者さんからのお勧めもあったのにもかかわらず、

読んでいませんでした。


そういうやつだからこそ読むべきということがひしひしと伝わってきます。

この本ね。

ぶっちゃけ


 お も し ろ い わ ・・・・・

結構はまっちゃいました・・・。

なんでしょうねぇ、こういうコンサルのストーリー本は結構好きでして、

結構重要な知識を女子大生会計士の事件簿よろしく、小説風にかかれてしまうと、

もうメロメロです。

ちょっとこの主人公のカウンセリング的なコンサルをするOLが好きになってしまったほどです。

あぁ、相談したいかも・・・と(笑)

きっと共著の井上ゆかりさんがこんなイメージなんでしょうか。

そしてその彼女のメンター的存在の上司。

きっとこの方が久野さんのイメージなんではないでしょうか。

深読みですか。

深読みですね(笑)

さて結構面白かったので、章を厳選して、紹介しようかと思います。


■第二章 ジョハリの窓

一番しびれたのが、このフレームワーク。

結構コミュニケーション術とか、心理術の本を読みますが、初めて拝見しました。

自分が知っていること

自分が知らないこと

相手がしっていること

相手がしらないこと

この4つをマトリクスにして、SWOT分析的にコミュニケーションのきっかけや

弱みをしってお互いの溝をうめていく手法のようです。

コレは本当に目からうろこ。

コレは実践する、意識するだけで圧倒的な聞き上手へのきっかけになると思います。

嫌な上司に限って、その人に趣味をしらなかったり、家庭環境をしらなかったりする。

そういうことに耳をかたむけるために、ちょっと質問してみる、ということが

本当に大事なことのように感じます。

ジョハリの窓。

早速使います^-^


■第三章 会社に自分は何を与えることができるのか?

ここからは会社と人生の位置づけに関する章でしょうか。

非常にメンタル的なことも書いてあるのですが、どうも先輩上司役の人が全てをしりつくしているかのよう、

実際の作者の経験なんでしょうが、的を得ているんですよ。

たとえば、

■心技体

というフレームでも。

心をおろそかにしがちだとかいてあるんですよ。

YES フォーリンラブ
ですよ。

全く持ってそのとおり。

価値観を変えることなく、人生でも転身ははかれないですよね。

身にしみました。若干の反省も含みつつ(苦笑)


はい。最後にモウ一つ。

■ライフカレンダー!!!

この考え方は逸脱です。

自分で死ぬ日を決める!!!

考えたこともありませんでした。

サムライ

ふじやま!

ハラキリ!

という意味ではありません。


自分で人生の期限を決めて、終わりを認識することで、自分の人生を輝かせるというもの。

作者の意見でしょう、人生60まで出完結するプランで物事をかんがえているとあります。

80歳までに生きる前提でプランをきめてしまうと、万一の時にくいが残るからだそうです。

なるほど、退職後・・・なんて考えずに、そこまでの道のりも、輝いていかなければいけませんね。


あれ?これは、俺にアドバイスされているのか!?という錯覚が下記。

人生をがむしゃらに生きること!

それは自分の人生に跳ね返ってくる。

困難を乗り越えた経験は、同じ問題を抱えている人の解決のヒントになる!



久野先生、井上先生、おみそれしました・・・。

いつかお目にかかれるよう、そして御礼に上がれるよう精進します。


とまぁ。結構ベタボメです。

冗談抜きではまりましたよ。

書評ブログでの紹介という若干の検閲をぬきにしても、

面白かった。


頑張る20代

人生経験豊富なメンター

解説

作者の考え

このフレームで本をかかれると、結構しびれてしまう単純な右脳ちゃんの私です。

ユダヤ人大富豪の教えも、この体で話が進んでいたかと思います。


母性の経営で・・・・


大志は現実化する!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Page Top

プロフィール

大志

Author:大志
ご覧いただきありがとうございます 。
高級オーディオを設計していたため少々お高い耳を持っています。

seahiroへメール、献本はこちら
seahiro紹介

作家とサッカーロゴ

↓ブロガーマトリクス↓
ブロガーマトリクス
↑掲載頂きました↑

フットサルランキング参加中です
人気ブログランキングへ

ビジネス書ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

mixi

本書で取材を受けました↓

ブロガーマトリクスに掲載いただきました↓

オフィスに招待いただけました↓


本ブログの紹介を頂きました↓


↓ランチ会に招待頂きました!


マトリクスが掲載されています↓



Sea Hiroさんのプロフィール
Sea HiroさんのFacebookプロフィール
自分のバッジを作る

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
フリーエリア

論理なんかない2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。